家を売るにはどうする?

Pocket

子供たちが結婚して、独立を機に夫婦ふたりになったわが家は、少し広すぎるなと感じるかもしれません。2階へ行くのに階段の上り下りは辛いし、そろそろ自宅を手放してみようかなっておもうことが多いとよく耳にします。広すぎる一軒家やマンションから、ふたりだけの小さな物件を探すにも今までの自宅をどうにかしなければいけません。

財布を持つ女性のイラストそれでは家を売るためには何をすればいいのでしょうか?
まずは現在お住まいの自宅について、どれだけの価値があり、土地の相場がどれくらいなのか知ることから始めなければいけません
都心にお住まいなのか、都心へは通勤圏内だが、自宅のまわりには田畑が多いのか、それとも完全に田舎暮らしで、駅まで車を利用しなければいけない場所なのかにより、その家や土地の相場は全く異なります。

数百万円でも高く家を売ることができれば、ありがたいなっておもうのが本心だと思います。そのためにできることからまずははじめてみましょう。
インターネットでは、複数の不動産会社が見積り査定をしてくれます。
ネットの世界ですし、顔も知らない相手ですので、個人情報には気をつけながら、現在の自宅が幾らぐらいで売れる見込みがあるのか査定してもらいましょう。

土地の面積、物件の内容などをわかる範囲で記入するといいですね。
情報が少なければ、査定することも難しくなりますし、直接電話してくるところもありますので、なるべくはじめは煩わしくない方法でのコンタクトが望ましいでしょう。